チーム・カノバとは?

チーム・カノバとは? 

 日々『場』づくりを探求しています

チーム・カノバは、広島県福山市を中心に活動している『場』づくりの任意団体です(2019年1月設立)。

私たちが考える良い『場』とは、その人をその人として受け止める温かさと共に、偶発的で幸運な出会いが起こりやすい偶有性(ぐうゆうせい)があり、そこから、人々の新しい可能性が広がっていきます。



家や職場だけでなく、こういった『場』が人生の傍らにあれば、どんなにか人生は豊かに、そして、力強いものになるでしょうか。

私たちは、日々、そんな想いで場づくりを探求しています。
 

私たちの目指す『場』とは?

 温かさと偶有性を持つ『場』

私たちチーム・カノバの考える良い『場』には、第一に、その人のありのままの姿が受け止められ、「私はここに居てもいいのだ」と感じられる温かさがあります。

人はそういった「安心・安全」な場が確保されてこそ、次に向かう力を蓄えることができるのだと考えます。

第二に、良い『場』は、場の運営者も参加者も事前に予想もつかないような、偶発的幸運な出会いが起こりやすい偶有性をたたえています。


カノバでは、そんな偶有性を持つ場を計画的に創ることを探求しています。

そこでは、何らかの気づきを得て、人々の考えや行動が自ずと変容していく中で、一人一人の新しい可能性が広がり、新しい何かが生まれます。

新しい何かとは、新たなつながりであったり、プロジェクトであったり、イノベーションであったりするでしょう。

そういった何かが、新しい面白い未来をつくっていくのだ と、私たちは考えています。

 

チーム・カノバが出来ること

上記のような考えを大事に、場づくりを行うとともに、場づくりの基本スキルであるファシリテーションの講座も実施しています。

また、良い場を創りたいと考える人々を支援しています。

  1. 学び、対話等の各種「場」の企画・運営
  2. ファシリテーションスキルの講座の企画・運営、講師の派遣
  3. 地域団体・地域コミュニティ・企業に向けた、場づくりの支援

詳しくは、→PROJECTs をご参照ください。

 

団体名の由来

 可の場、力の場、果の場

私たちが目指す『場』の要素のうち、「可能性の『場』」の中の「可の場」の音をとって「チーム・カノバ」と名付けました。

合わせて、この音の中に、「(ちから強さ)の場」「(実が実り未来が生み出される)場」という意味も象徴的に込めています。

運営メンバー

チーム・カノバの主要メンバーを紹介します。

岡崎 裕史(おかざき ゆうじ) : チーム・カノバ 代表 / 問いづくり担当

 





福山市出身、慶応義塾大学卒。「問い」と「本」と「自由」を愛する。

東京での会社員生活を経て、自分らしく自由に生きるために福山に帰郷。やりたいことをして生きるという基本方針のもと、実験的な日々を送る。

2012年頃から「問い」について探求するうちに、ファシリテーションと出会い、場づくりについて学ぶ。その後、ファシリテーターとして会議や対話や学びの場づくりの活動を継続的に行っている。また、2016~2018年の福山まちづくり大学のファシリテーション講座を担当。



2018年に「問い」を中心とした対話の場として「トイノバ」を発案。
翌年の2019年にチーム・カノバを立ち上げ、問いと場の新たな可能性を探求中。

 

野田 直子(のだおこ)チーム・カノバ 事務局長 / コミュニティファシリテーター

兵庫県加古川市出身、大阪大学人間科学部卒。システムエンジニア、内部統制支援/システム監査の仕事に東京で従事する。

他者とコミュニティを育みながら住まう暮らしに興味を持ち、会社員の仕事と並行して、2007年~2015年、NPOコレクティブハウジング社にて、シェアする暮らしのポータルサイト立上げ・全国大会開催などに精力的に関わる。
この経験を経て、家庭でも会社でもないサードプレイスや、創発が生まれる『場』の可能性に目覚める。



2017年8月に、夫の実家である福山に、夫・3歳の娘とともにIターン。
福山においても理想の場をつくりたい想いは収まらず、週の半分はCode for JapanメンバーとしてITコンサルタントの仕事をしながら、半分はチーム・カノバでの場づくり業に邁進中。

 

長嶺 充(ながみね みつる) : チーム・カノバ CEO 越境ファシリテーター


群馬県前橋市出身、大連外国語学院卒。取材ライター&カメラマン 兼 福祉用具専門相談員 兼 伝統芸能・落語の魅力を伝える初心者向け落語ナビゲーター

学業を卒業後、地元のカメラ店にて勤務。その後、上京して自主映画制作班のカメラマンとして活動をサポート。20代半ばでバックパッカーデビューしてから活動の拠点を海外に移す。

中国/大連の韓国系IT企業に勤務しながら語学を学び1年半、インドではヨガや瞑想を学び1年半、オーストラリアでは各地の農園で働き2年滞在する。その後、旅のかたわらでPodcast配信のインタビュー番組を制作しつつ、取材と執筆活動を平行しながら世界約90ヶ国を訪問。



帰国後は、高知で海外旅企画の事業を展開。広島/福山に拠点を移してからは、地域おこし協力隊を経て、対話/問いを通じて変容していく場の力に可能性を感じ、チーム・カノバに参画。
CEO(チーフ・エンタメ・オフィサー/場づくりとエンタメ要素・アイスブレイクの融合)を担当中。


 

 

伊東 ひかる(いとう ひかる) : チーム・カノバ  グラフィックレコーディング講師担当 グラフィックファシリテーター


福山市出身、福山誠之館高等学校卒。絵と文字で対話を可視化するグラフィックレコーディング(通称・グラレコ)を担当。

塾の講師として子どもや周りの人と関わり合う中で「ほっとできる学び場・居場所」を作りたいと思うようになり、次第に場づくりに関心を持つようになる。

子どもでも大人でも、「話す・聞く・つながること」によって、一人では得られない新しい学びの楽しさを共有できることを感じ、そこから心の孤立を和らげてその人が「今」を楽しむために、その人を含めた皆の力を合わせることのできる場や、さまざまな世代間の交流ができる場を構想中。



2019年9月、福山未来共創塾2019のサポートメンバーになったことをきっかけに、チーム・カノバやグラフィックレコーディングと出会う。
2019年12月、カノバのメンバーとして正式加入。幕張メッセのデザイン・フェスにも出店した画力を生かし、グラフィックレコーディングとやさしいファシリテーション担当。

 

 

私たちがチーム運営で大事にすること

 問い続けること、対話すること

チーム・カノバでは、「常に問い続けること」「対話すること」を、日々のチーム運営で大事にしています。

運営の中で様々に生まれる「問い」を恐れずに、チームメンバーで共有しながら、考え続け、常に対話により解決していくことを、運営の指針にしています。

そうすることで、チーム・カノバ自体も常に変容し新しい可能性を開いていく、よい『場』であり続けたいと考えています。

 

 

ABOUTの最新記事

>《トイノバ》をあなたのチームに活用してみませんか?

《トイノバ》をあなたのチームに活用してみませんか?

チーム・カノバでは、外に出向いておこなう出張式のトイノバも行っています。
出張トイノバは、企業や研修会・チームビルディングにも応用できるファシリテーションのサポートです。
場づくりファシリテーターを入れて、よりよいチームづくりに取り組んでみませんか?